経済 経済概観 主要産業 産業集積 産業集積 食料および飲料 投資 ケニア投資の魅力 ケニアでの起業 投資の機会 リンク ケニア企業イエローページ

水産加工果実・野菜加工ビール

ケニアの食料・飲料加工産業は、小規模な内工業からネスレ、キャドベリー、コカコーラといった大企業に至るまで、あらゆる種類の事業体1,200強を包含しています。

水産加工

ナイルパーチ

ナイルパーチ

ケニアには25の水産加工工場があり、加工設備能力は年間鮮魚2万5,000トンです(総生産量は1万3,500トン)。主要な企業としては、ケニア・コールドストーレッジ、サマキ・インダストリーズ、プリスコ・マイダス、ワナンチ・マリーン・プロダクツ、ヴィクトリア・ナイル・パーチ、パーチ食品などがあります。

果実・野菜加工

果実・野菜加工 現在果実・野菜加工を主導しているのは民間部門で、輸出段階で官が手助けしています。ケニアは、冷凍製品(インゲンマメ、スノーエンドウ、濃縮果汁)、ベビーコーン・パイナップルスライス等の缶詰、玉ねぎ・キャベツ・にんじん等の乾燥製品を生産しています。デルモンテ等の有名な企業が、この分野で活躍しています。

ビール

TUSKER BEERケニアでのビール産業は1922年に始まりましたが、イースト・アフリカン・ブルーワリーズ社(EABL)は今や世界的に有名な企業になっており、ケニアの瓶ビール市場の約95%を占めています。

EABLはケニアの醸造所の80%を所有し(ウガンダやタンザニアでも多数の株式を保有しています)、子会社には、ケニア・モールティング(大麦や麦芽を栽培)、セントラル・グラス(瓶詰め市場の最大手)などがあります。

穀物青果物委員会では、穀物の栽培とマーケティングについて、農家に助言を行います。ケニアは、2003年のビール生産量で、タンザニアの210万ヘクトリットルやウガンダの130万ヘクトリットルに対し、280万ヘクトリットルと、東アフリカ共同体(EAC)内の隣国に一歩先んじています。ケニアは、これら両国においてもビール生産活動を行っています。お分かりのように、ケニアの食料・飲料分野は可能性に満ちています。

▲このページのトップへ