ケニアコーヒー局 背景 ケニアコーヒー コーヒー・マーケティング/プロモーション ケニア企業イエローページ

ホームビジネス情報主要産業ケニアのコーヒー産業>背景

ケニアコーヒー局 背景

紹介目標と目的政策および法の改正

紹介

ケニアコーヒー局(Coffee Board of Kenya)は、コーヒー業界の中心的な存在です。
1933年にコーヒー業界に法令が制定された翌年、1934年に設立されました。このコーヒー局は、規則の遵守とケニアコーヒーのマーケティングを行っています。ケニアコーヒーの売買が行われるオークションは、1934年に始まりました。リカー部門が1935年に新設され、グレードごとの品質の査定を促進しています。この役割は、法の改定によって何度も変更になりながら、現在の形に落ち着きました。2001年、コーヒー条例333章は廃止され、コーヒー条例2001の9番が制定されました。そして、コーヒー局がケニア農業省のもとに、法定の団体として、コーヒー業界を監督しています。

目標と目的

ケニアコーヒー局が組織された目標と目的は、生産、加工、付加価値付け、そして国内外におけるケニアコーヒーのブランディングにおいての競争を促進すること、そして、ケニアのコーヒー業界に対する興味を広く生み出すためです。下記の一般的な目標は、コーヒー局の活動の基本を成しています。

  • 農業省との協議の上で、コーヒー産業を規制し、発展させるための政策や法を策定する。
  • コーヒーの苗床、生産者、果肉除去工場、製豆所、マーケティング・エージェント、管理エージェント、バイヤー、焙煎業者、梱包業者、倉庫業者、競売人の登録を行い、それぞれを認可する。
  • コーヒー生産、および品質改善に関するアドバイスを提供する。
  • データの収集、照合、分析を行い、コーヒー産業に関するデータベースを維持し、コーヒーを扱う個人の登録を通じて、記録と調査を行う。
  • コーヒー産業に関する調査研究、および調整を実行するに当たり、コーヒー研究基金にアドバイスをし、監督する。
  • 政府を代表して、コーヒーに関係する国際的な会議に参加する。
  • 業界内で論争が生じた場合には、仲裁にあたる。
  • コーヒー産業の促進を目指した、その他の役割を果たす。

政策および法の改正

ケニアのコーヒー業界をより競争力のある業界にするために、また国内外双方にダイナミックなコーヒー産業として残すために、ケニア政府は継続的に政策と法の改正に務めています。
そのため、ケニアコーヒー局を通じてのケニア政府の役割りは、コーヒーを扱う全ての業者が活躍できる環境を作ることに集約されました。

▲このページのトップへ