ケニアコーヒー局 背景 ケニアコーヒー コーヒー・マーケティング/プロモーション ケニア企業イエローページ

ホームビジネス情報主要産業ケニアのコーヒー産業>コーヒー・マーケティング/プロモーション

コーヒー・マーケティング/プロモーション

マーケティングプロモーション

マーケティング

現在、ケニアには、2通りのケニアコーヒーのマーケティングシステムが存在します。
まず一つめは、通年毎週火曜日に開催されるセントラルオークションです。ここでは、コーヒーが取引されています。これでは、登録されているコーヒー売人が競りにより、コーヒー豆を売買します。ナイロビコーヒー取引所(Nairobi Coffee Exchange)は、ケニア・コーヒー・プロデューサー&トレーダーズ協会(KCPTA/Kenya Coffee Producers & Traders Association)の管理により、開催されています。

そして二つめが、“第二の窓(Second Window)”と一般的に呼ばれている直取引です。マーケティングエージェントが、海外の商人と直接交渉することから始まります。そして、“売買契約”にサインをした後、ケニアコーヒー局により、その契約が批准されます。コーヒー局は、契約ごとにコーヒーの品質、そして価値を検査、分析した後に、契約を批准しています。

これらの取引を行うマーケティングエージェントにも、2通りがあります。

  • コマーシャル・マーケティング・エージェント(Commercial Marketing Agents):
    商取引を目的とした売買のみを扱います。
  • グローワー・マーケティング・エージェント(Grower Marketing Agents):
    生産者が、生産者の所有するコーヒーのマーケティングを行います。

プロモーション

ケニアコーヒー局は出資者と協力し合いながら、ケニアコーヒーの普及促進の役割を担っています。そのため、ケニアコーヒー局は、下記のことを行っています。

  • ケニアコーヒーとその商品を消費者に宣伝する(ブランド・アイデンティティ)。
  • ケニアコーヒーの品質とその安定供給に対する認識を高めるために、在外大使館、消費者、業界団体を通じた戦略的ネットワークを構築する。
  • 市場の機会、脅威を特定し、利害関係者に適切なアドバイスをするために、消費、産業の動向に関する貿易、業界の情報を集める。
  • 現地をベースにした輸出業者、販売業者との連携を強め、マーケット動向と消費パターンのデータを集め、分析する。
  • 業界のマーケティング活動の指針とするために、既存マーケット以外にも東ヨーロッパ、アジア、その他の国の消費者についても調査する。
  • 消費者へのケニアコーヒーの認知度を高めるため、国内外の国際見本市、貿易に関する博覧会に参加する。
  • ケニアコーヒーの生産者とバイヤーのマーケティングにおける関係を密接化させ、マーケティングチェーンを短くすることによって、生産者への利益を大きくする。

Coffee Board of Kenya
Coffee Plaza, Exchange Lane, off Haile Selassie Avenue
P.O. Box 30566-00100 Nairobi
Tel: 254-20-315818, Fax 254-20-311079

▲このページのトップへ