背景 ケニアの花の種類 ケニア花き園芸協会 (KFC・Kenya Flower Council) 市場データ 日本におけるケニアの花の成功率 ケニア企業イエローページ

ホームビジネス情報主要産業ケニアの切り花産業>市場データ

概要日本市場

概要

バラ国際花市場において、ケニアはEUへの最大供給国で、EUの輸入の31%を占めています。ケニアの花の最大の輸入国はオランダで、ケニアの総花輸出の69%がオランダでのオークションを経て、流通過程に入ります。ケニアは、EU連合の最大の花輸入先となっており、マーケットリーダーとしてイスラエルを抜きました。ケニアのマーケットシェアは25%で、それぞれ16%のコロンビアとイスラエルをしのいでいます。

ケニアで栽培される花の3分の2がオランダ向けです。オランダは、オークションを通じて、切り花取引で世界をリードしています。オークションでオランダの卸売業者が花を買い入れ、これを米国や日本といった遠い市場へも再輸出しているのです。

ただし、英国への直接輸出もケニアのEUに対する売上高の4分の1を占めています。英国はケニアにとって、第2の市場となっており、多くの花栽培者が注目しています。

ケニアの花輸出の74%をバラが占めており、カーネーションがこれに次ぎます。カーネーションは一番長持ちするので、ロマンスの季節でない時は、英国で最も人気の高い花です。

花の輸出先ケニアの花の主な行き先
オランダ(多くは再輸出される):65%
英国:25%
ドイツ:5%
フランス:2%
その他:3%

日本市場

ケニアから日本への花輸出は、15年以上前に始まりました。日本は、ほとんどの花をオランダでのオークション経由で輸入しています。オランダはケニアの花の大部分を買い、価値を付加した後、他の市場へ再販売します。空便、情報、マーケティング戦略の不足から、日本向けのケニアの花市場は、10年以上にわたって不振でした。

ケニアから日本に輸入される切り花で特筆すべきは、様々な品種のバラです。ケニアのバラの日本市場への輸出は、日本全体のバラ輸入市場のわずか6%を占めるにすぎません。

▲このページのトップへ