背景 ケニア茶事情 主な実績 ケニア茶業局 茶産業のその他の主要機関 ケニア企業イエローページ

ホームビジネス情報主要産業ケニアの茶産業>背景

背景

国土

赤道にまたがり、タンザニア、ウガンダ、スーダン、エチオピア、ソマリアの国境と、インド洋に接しているケニアは、雪を頂いたケニア山、グレート・リフト・バレー、野生動物を携えた広大なサバンナ平原から、海岸線に沿った太陽の照り輝く砂浜まで、魅力的な特徴に富んだ国です。ケニアで有名なものといえば、ゲームサファリ、ケニア人の運動能力、名勝、世界一流のホテル、そして高品質のお茶です。

ケニアの首都ナイロビは国の中心に位置し、東および中央アフリカのビジネスと通信の拠点の役割を果たしています。一方歴史的な都市モンバサは、地域の玄関である天然港キリンディニを擁しています。

気候

気候は一様ではありません。海岸地方は高温多湿ですが、アバデア山脈、ケニア山地域、チェレンガニ、マウ急斜面といった内陸の高地は多くの場合寒く湿潤な気候です。ケニアの地形は低い平原が中央高原地帯に向かって徐々に上昇し、中央高地はグレート・リフト・バレーで二分されています。気温の差は大きく、最高37℃からケニア山山頂では氷点下まで下がります。

経済

経済の中心は農業で、国内総生産(GDP)の約24%を占めています。農業部門は労働力人口の3分の2以上を雇用し、輸出収入の約70%を生み出しているのです。

▲このページのトップへ