経済 経済概観 主要産業 産業集積 産業集積 投資 ケニア投資の魅力 ケニアでの起業 投資の機会 リンク ケニア企業イエローページ

租税条約と投資促進及び保護協定安定性行政改革
高度に教育され技術の身についた豊富な労働力へのアクセス戦略的な地理性
高度に発展した社会的物理的インフラ完全な自由経済特恵市場へのアクセス
確立され発言権のある民間セクター

租税条約と投資促進及び保護協定

ケニアは多角的貿易体制(MTS)、アフリカ・カリブ海・太平洋(ACP)コトヌー協定、アフリカ成長機会法等の大規模で増加している租税条約や投資促進及び保護協定に調印しています。これによってケニアは、多くの特別物流網や関税減税プログラムのもと、輸出における世界市場への特恵権を享受しています。

安定性

独立以来、政治体制の変化にも関わらず、ケニアは特筆すべき安定性を維持してきました。複数政党制民主主義の再現や2011年の新憲法発布によって、ケニア国民はより拡大した自由を享受してきました。

行政改革

ケニアは、実質的に認可要件数を減らすこと、許可制度を簡素化・透明化させ、規制が正当な目的であることを重視するよう目指して行われた広範な行政改革によって、ビジネスを行うコストを下げる努力を行っています。

高度に教育され技術の身についた豊富な労働力へのアクセス

ケニアは高度な教育と技術を身に付けたアフリカにおいて期待を集める人材が豊富であり、彼らは国内及び世界の組織で訓練を受けています。

戦略的な地理性

東アフリカにおける経済を牽引しているケニアは、地理的に有利な条件と発達した事業インフラが備わることから、投資家や多くの海外企業がケニアを地域のハブとして選択するのも当然のことといえるでしょう。これにより投資家は、広範囲な東アフリカ社会にアクセスし、385万人以上の消費者を抱える地域市場に進出することができます。またナイロビはジョモ・ケニヤッタ国際空港から世界の主要な都市にアクセスができるように、重要な輸送拠点でもあります。これらは全て便利な時間帯、グリニッジ標準時間GMT+3にも関連しています。

高度に発展した社会的物理的インフラ

ケニアは世界的にも有名なマサイマラ国立公園等の、野生動物や景色がみられる、壮観で多様性のある大自然の中で、快適で高水準な生活を送ることが可能です。更にケニアはレストランや病院、娯楽施設等の質の高い社会設備が備わっています。多くの外国人がケニアに居住している事実はそれを物語っています。

完全な自由経済

ケニア経済は、貿易や個人投資の自由な動きを妨げていた障害を全て取り除いたことで、現在は完全に自由化されています。これらは利益や配当金の送金するに関わる制限だけでなく、為替調整や輸出入許可も含みます。

特恵市場へのアクセス

ケニアは貿易政策の一環から、多国間及び2国間の多くの貿易協定に調印しています。またケニアは世界貿易機関(WTO)のメンバーであり、世界の90%以上の市場に最恵国(MFN)待遇でアクセスが可能です。加えてケニアは、複数の貿易協定や、アフリカ成長機会法(AGOA)、ACP-EU通商協定、東南部アフリカ市場共同体(COMESA)※リンク貼付http://www.comesa.int/等の貿易促進計画から恩恵を受けています。

確立され発言権のある民間セクター

ケニアには多くの海外投資家を含む、世界でも最も活発な民間セクターが存在します。ケニアは常に市場経済を維持してきました。民間セクターの懸念事項を発信するには、ケニア民間セクター同盟(KEPSA)※リンク貼付http://www.kepsa.or.ke/、ケニア労働組合(FKE)、ケニア製造業者協会(KAM)等があります。更に、政府は頻繁に政府トップの会議を通して民間セクターのプレイヤーと共に定例政策対話を持つ機会を設けています。

詳細はこちらご参照ください:http://www.investmentkenya.com/why-kenya

▲このページのトップへ