政府と政治制度 経済概観 地理学/地形学 文化 ケニア小史 国旗と国歌 気候 通貨 メディア ケニアの地図 リンク

気候

ケニアは雨季がありますが、概して温かく、乾燥している国です。雨季は、一年に二回あります。南東からのモンスーンの影響を受けるために起こる大雨季が3 月から5月、そして小雨季が10月から12月です。海岸エリアは、年間を通じて湿度が高く、暑い気候となります。

ケニア中央部のハイランド地区は、ケニアで最も雨が多く降る地域です。また、標高が高いため、比較的冷涼な気候となっています。西部のビクトリア湖周辺は、大西洋やコンゴ平原で発生する西からの風を受け、雨が多いエリアです。

ケニアの北部と北東部は、非常に乾燥しており暑いエリアです。日中の最高気温は、34度にも達します。ケニア北部のスグタバレー(Suguta Valley)は、地球上で最も暑い場所のひとつとして知られています。

ケニア山は万年雪を抱く、氷河を持つ山です。標高2,500m以上のエリアでは、霜がおります。

-- BBC Weather
-- Kenya Weather.Net

▲このページのトップへ