政府と政治制度 経済概観 地理学/地形学 文化 ケニア小史 国旗と国歌 気候 通貨 メディア ケニアの地図 リンク

政府と政治制度

ケニアは、共和国です。1963年12月12日に英国の植民地支配から独立を勝ち取りました。ケニアは複数政党制を採用しており、議会制民主主義の国です。この制度の中核をなしているのが、国会です。一院制国会で、直接選挙で選出された議員(Member of Parliament)210名と、各政党の議員数に比例して指名される12名の議員で構成されています。そのほかに、議員の2人が議長と司法長官の職を担当します。国会議員の任期は、5年です。

ケニア共和国の大統領は、副大統領と閣僚とともに行政執執行部を構成します。副大臣、閣僚を任命するのは、国民による直接投票により選手された大統領です。大統領の任期も5年となっています。大統領として選出されるには、ケニアに8つある州の少なくとも5つの州で、25%以上を得票しなければなりません。

ケニアは1963年に独立を果たしてから、国会は漸次憲法を改正しています。表現の自由や自由で公正な選挙などを保障し、民主主義を確固たるものにするためにこれらの修正が加えられています。1997年9月、誰かを拘束するには裁判をしなければならない法律を制定しました。また国会は、総選挙の期間、全政党の平等なメディアへのアクセス件を保障しています。さらに、野党を含む全ての政党が、比例制で選出される12議席への指名権を持つことが決められました。議席を確保した政党は、国会の席数に応じて国会議員を選出することになります。

これらの法令は、全て金峰に記されています。そこ結果として、ケニアの議会政治は自由と公正な競争の場となっているのです。 1963年の独立以来、ケニアは憲法に従って、5年ごとに総選挙(大統領、国会議員、地方議員)を実施してきました。

▲このページのトップへ