序論 国際就職・在外邦人(ケニア人)局

序論

ケニア政府外務省は、大統領回覧No.1/2007により、在外邦人と国際就職の扱いに責任を持つ。

在外ケニア人との関係における外務省の目標

  • 効率的かつ効果的な領事役務の提供を通じ、在外ケニア国民に奉仕すること。
  • 在外ケニア人とのパートナーシップを強化すること。
  • ケニア国民の国際就職を促進し、在外ケニア人の技能と資源を活用すること。
  • 在外ケニア人を国の開発に活用するプログラムを作成すること。

政策

  • 在外ケニア人とのパートナーシップを強化し、ケニア人の国際就職を増やすこと。そのため、国として職の開放を求め、ケニア人の国際就職の増加を約束する二国間協定を締結する。
  • 領事役務を改善し、在外ケニア人向けサービスを新しく提供することによって、在外ケニア人とのパートナーシップを強化する。