ニュースとお知らせ

ケニア国防大学来日研修ツアー

2019年5月15日

アンドリュー・イケンエ少将とギフト交換する広島平和文化センター理事長 小溝康義氏

ケニア国防大学のメンバーと研修団が2019年4月13日‐20日にかけて日本を訪問した。国防大学の少将であるアンドリュー・イケンエ氏が研修団を引率した。大学メンバー及び研修団は、ケニアをはじめとするアフリカ各国から参加した。東京では、関連省庁、防衛研究所、白井エコ・センターとNEC等を訪問した後、広島を訪問し、呉市の大和ミュージアムと広島市の平和記念美術館を訪れ、1945年の原爆慰霊碑に献花した。その後、広島市長松井一実氏を表敬訪問した。

広島平和文化センター理事長の小溝大使との面談では、ケニアの4つの都市が「平和に貢献する市長達」のメンバーであるとの認識を大使と共有し、広島市と親密な文化的協力関係を築いていけると話した。小溝氏は、世界平和と安全、環境保全に献身するケニアを称えて、ナイロビにある国連人間居住計画本部に「平和の木」の苗を寄付して植樹することを約束した。研修団はその後、名古屋のケニア名誉総領事館とトヨタ産業技術記念館を訪問した。

原爆慰霊碑に献花し追悼の意を表するアンドリュー・イケンエ少将

在名古屋ケニア名誉総領事館で記帳するアンドリュー・イケンエ少将、豊田通商 取締役顧問 服部孝氏、ケニア大使館公使参事官 ポール・カリイ

フォトギャラリーへ