ニュースとお知らせ

アミナ・モハメド ケニアスポーツ・文化・遺産庁長官、T-20サミット2019(5月26-27日)参加の為来日

2019年5月28日

T-20サミットで基調講演するアミナ・モハメド ケニアスポーツ・文化・遺産庁長官

アミナ・モハメド スポーツ・文化・遺産庁長官は、2019年5月26日、専門家、識者らトップシンクタンクの参加するT-20サミットにて、基調講演を行った。当サミットで協議されたさまざまな分野の政策提言はG20サミットで手渡される。

当サミット参加にあたり、S. K. マイナ大使閣下が長官に同行した。



主催者幹部及び講演者とサミット前に面会

左から:国際通貨研究所理事長 渡辺博史氏、国際問題研究所理事長 佐々江賢一郎氏、アジア開発銀行研究所所長 吉野直行氏、リコ―取締役(日本銀行前理事)稲葉延雄氏

アミナ長官、マイナ大使と成蹊大学名誉教授・国際協力推進協会評議員廣野良吉氏

T-20サミット参加のケニア使節団 左から:八木尚子、フェスタス・ワングェ、長官、大使閣下、ジョージ・ジョロゲ

T-20サミット期間中、長官はノーベル経済学賞受賞者のロバート・エングル夫妻と面談し、主にケニアにおける若者のスポーツとスポーツ医学の促進について話し合った。