ニュースとお知らせ

創価大学 第30回スワヒリ語スピーチコンテスト

2020年11月9日

2020年11月9日、創価大学 パン・アフリカン友好協会の橋本侑佳林氏が、カディジャ・S・イッサ臨時代理大使を表敬訪問し、11月29日に開催される第30回スワヒリ語スピーチコンテストについて説明しました。

第30回スワヒリ語スピーチコンテストのタイトルは「Sauti ya Afrika Inayovuma Moyoni Mwangu (今、私に生きるアフリカの声)」です。

ケニアの外交政策の柱として、文化外交はケニアの人々と世界の間の架け橋としての重要な役割を担っています。ケニアの公用語の1つであるスワヒリ語は、ケニアの多様な文化遺産を紹介するための重要かつ不可欠な要素です。

臨時代理大使は、第30回スワヒリ語スピーチコンテストに向けて大使館の支援を約束しました。

カディジャ・S・イッサ臨時代理大使と橋本侑佳林氏率いる創価大学スワヒリ語スピーチコンテスト実行委員会メンバー

創価大学 第30回スワヒリ語スピーチコンテストポスター