2007年4月9日更新

地球環境とケニアの伝統文化を学ぶ
“グリーンベルトサファリ”のご紹介

 最近では、“地球環境保全”、“エコロジー”、“LOHAS”などという言葉が、毎日のようにメディアを賑わしています。これらの問題を様々な体験を通じて学ぶのに最適な国が、ケニアです。

 ケニアには、エコツアーを実践している大きな組織があります。“グリーンベルトサファリ”が、それです。この組織は、2004年に黒人女性として初めてノーベル平和賞を受賞したワンガリ・マータイ女史の運営する“グリーンベルトムーブメント”の一環として運営されています。

この組織のミッションは、下記の7点です。

  1. ケニア人と非ケニア人の間に、文化的な交流を促す。
  2. ケニア人と非ケニア人に、ケニアの豊かで多様な文化、歴史、動物・植物の生態系を紹介する。
  3. 旅行者や学生に、「発展のための挑戦」を理解してもらう。
  4. カルチャーサファリの体験を通じて、ホストファミリー(ローカルコミュニティ)への収入を作り出す。
  5. 旅行者やコミュニティの住民に“地球憲章(Earth Chapter)”を理解してもらう。
  6. 産業界における責任のあるビジネスを理解してもらう。
  7. “グリーンベルトムーブメント”の継続のための活動費用作り。

 ケニアでのエコツアーは、現地のコミュニティの住民にもプログラムに参加してもらい、参加者にそのコミュニティを理解してもらい、さらにそのコミュニティに貢献、還元していくのが特徴です。

 下記は、“グリーンベルトサファリ”が提供しているプログラムの一例です。グループ単位でのツアーの開催となり、残念ながら個人単位での参加は現在のところできません。“エコロジー”、“地球環境保全”に興味があるエコグループ、ケニアの土着の文化を学びたいカルチャーグループには特におすすめです。

<グリーンサファリ>

1日目: ナイロビ到着
2日目:ケニアの文化、環境、歴史を学ぶ

主にキクユ族のコミュニティに焦点をあて、ケニアの歴史、文化、環境問題について学ぶ。
ケニアの音楽、ダンス、食事を楽しめるウェルカムディナー。
3日目: ホームステイ
田舎でのホームステイ体験。
また、“グリーンベルトムーブメント・ケニア”の活動について学ぶ。
4日目: 植林活動
“グリーンムーブメント・ケニア”の主な活動のひとつである、植林活動に参加。
植林の与える環境への影響を学ぶ。
5日目: アバーディア国立公園
アバーディア国立公園でゲームドライブ。
森の国立公園で、様々な動物の生態系について学ぶ。
6日目:トレッキング
アバーディア国立公園の近くにある“キアンドゴロ・トレイル”をトレッキング。
丘の麓から丘を登る。途中、ゾウなどの草食動物にあることができる。また、いくつかの滝も訪れる。マス釣りも可能。
7日目: ハイキング
アバーディア国立公園でハイキング。アバーディア地区最高峰4,100mの“オルドンヨ・ラ・サチマ”に登頂する。
8日目: 最後のゲームドライブを楽しみ、ナイロビへ。途中、サイの保護施設、“ソリオ・ゲーム・ランチ”を訪れる。

<コミュニティ訪問カルチャーサファリ>

1日目: ナイロビ到着
2日目:ホームステイ

“グリーンベルトムーブメント・ケニア”のスタッフとともにホームステイ。
ウェルカムディナー。
3日目: コミュニティと“グリーンベルトムーブメント・ケニア”の紹介
コミュニティの歴史、文化、現在の状況などを学ぶ。
“グリーンベルトムーブメント・ケニア”について、その組織、活動を学ぶ。
“グリーンベルトムーブメント・ケニア”主催の活動に参加。
植林/食文化保護/環境保護市民活動/コミュニティプロジェクトなど。
4日目: ホストファミリーの家事のお手伝い
家畜のえさ集め/小枝集め/土地を耕す/水汲み/乳搾り/買い物など。

5日目: コミュニティにおける仕事の手伝い
壁、レンガ作りなどの建築仕事/食野菜を植える/環境保護のための清掃など。
6日目: ナイロビへ。

“グリーンベルトサファリ”についてのお問い合わせは、下記までどうぞ。

Mailing Address:
The Green Belt Movement
P.O. Box 67545
Nairobi

Courier Address (for DHL, Fedex, UPS etc):
The Green Belt Movement Kenya
Kilimani Lane, Off Elgeyo Marakwet Road
Adams Arcade
Nairobi

Tel: +254.20.3873057 / +254.20.3871523
Email: (To: Shelley Fine)
Website: http://greenbeltmovement.org

▲このページのトップへ