国立公園・国立保護区

SOUTHERN REGION〜 サザン地区

SOUTHERN REGION
SOUTHERN REGION
〜 サザン地区
  1. アンボセリ国立公園
  2. チュールヒルズ国立公園
  3. ツァボイースト国立公園
  4. ツァボウエスト国立公園

ケニア最大の動物保護区
トップクォリティのキャンプとロッジ

サザン地区には、ケニア最大の動物保護区を形成する2つの国立公園があります。ツァボイースト国立公園(Tsavo East National Park)と、ツァボウエスト国立公園(Tsavo West National Park)が、その2つです。

アンボセリ国立公園(Amboseli National Park)では、アフリカ最高峰の荘厳なキリマンジャロ山(Mt. Killimanjaro)を背景に、ワイルドライフサファリを楽しむことができます。アンボセリ国立公園は、ケニアにおいて、ゾウの観察に最も適した場所のひとつと言われています。

2つのツァボ国立公園は、モンバサからナイロビに向う、幹線道路と列車の線路にまたがって位置しています。その面積は、2つ併せて30,000平方キロメートル。そのほとんどが手つかずの自然として残っています。旅行者が訪れることのほとんどないエリアも多く存在します。

ツァボウエスト国立公園だけでも、ケニア国内の全国立公園の面積を合わせた30%を占めています。そこには、アップマーケット向けのラグジュアリーなテント、ロッジ、両タイプの宿泊施設があります。また、ここは、ケニア最大のゾウの群れが住んでいることでも知られています。ツァボウエスト国立公園と比べ、小規模なツァボイースト国立公園には、宿泊施設の数も多くありません。

エクスカーション

2つのツァボ国立公園は、インド洋の近くに位置しているため、ビーチホリデイを楽しむ人にとって、日帰りや1泊2日のエクスカーションを楽しむことができる国立公園です。コースト地区からは、飛行機で簡単にアクセスすることができます。さらに、素晴らしい施設を備えたキャンプやロッジに滞在するのも、この国立公園を訪れる魅力のひとつです。
この地区のほとんどはサバンナになっていますが、岩肌の露出や山の尾根が、風景に変化をもたらしています。チュールヒルズ国立公園(Chyulu Hills National Park)は、ヤシの木から高山植物までが生息しています。ここは、オープンサバンナの見晴らしのきく丘の公園です。また、溶岩の流れた跡や火山灰などを見ることもできます。
ツァボ国立公園内タンザニアとの国境近くに、キリマンジャロ山からの雪解け水が流れてくるジペ湖(Lake Jipe)があります。また、公園の北側には、チュールヒルズが源泉となっているムジマの泉(Mzima Springs)があり、美しいクリスタルカラーの水を湛えています。

▲このページのトップへ